個人輸入ビジネスを始める|POSの顧客管理を使って業務の効率化をはかろう!

POSの顧客管理を使って業務の効率化をはかろう!

個人輸入ビジネスを始める

会社

輸入先は中国が主流

個人事業でのネットによる販売ビジネスを行う上で重要なのがいかに商品を品揃えを多くして安く仕入れるかです。最近では個人ビジネスを参入する割合が増えており、国内ではお目当ての商品を手に入れようとしても品薄で手に入らないこともあります。その対策としては海外から商品の仕入れることなのですが、今、最も海外からの仕入れ先が多い国は中国なのです。中国は10億人という世界屈指の市場規模であることから商品生産工場はたくさんあり、日本は勿論、世界各国に輸出をしています。大手企業だけではなく個人でも直接から取引ができるよう日本向けの中国輸入代行ビジネス業もありますので、品質の面において安全で確実に配送されるようになっています。

気を付けたい点

中国輸入代行業は日本出資の会社がたくさん存在します。ネットからそれぞれの会社の特徴やメリットを比較した上でどの会社で取引をするかを判断して貰えればと思います。品揃えが豊富で人件費の安い中国生産の商品を仕入れるメリットは国内から仕入れるよりも限りなく大きいのでネット販売の仕入れ先としてどんどん活用すると良いでしょう。しかしその一方で海外から商品を仕入れる際に気を付けなければならないことがあります。すぐに商品が発送される国内に比べて納期が遅くなる点です。発送を早くしたいのであれば海外航空便を利用するべきなのですが、それだと料金もかかるので実際に仕入れる料金と国内までの送料も計算に入れなければなりません。また先述したように中国輸入代行業さを介することで粗悪な商品である心配はないのですが、国内生産物よりも明らかに品質が落ちますので、購入者からのクレームになる事態も起こり得ます。思っていたよりも品質が良くないと中国輸入代行業側に文句を言ってもしょうがないので、購入者に事前に説明しておくしかありません。中国からの輸入品を取り扱う場合にはその点に留意することが大事であると言えます。